nitvトップ>イベント>秋のイベント

福島潟自然文化祭

番組紹介

秋のイベント
「福島潟自然文化祭」は、福島潟最大のイベントです。
続きを読む

リンク・マップ
コメントする  

公開日 2010年10月06日

Video List 動画一覧

サムネイル 詳細

新潟のうまいものを食べつくす「新潟うまさぎっしり博2011」が開催されました!!
今回は全国丼サミットも同時開催!全国のご当地丼が新潟に大集結して会場をさらに盛り上げました☆
新潟のうまさがぎっしり詰まった映像をお楽しみください(^^)

2011年11月12日(土)朱鷺メッセ(新潟市中央区)で、伝統芸能と最新技術を融合した最高峰エンターテイメント「杜の賑い新潟」が開催されます。当日は、「“汗・涙・いのち”越後から東北へつなぐ北前船絵巻」を副題に、新潟と東北のお祭りの競演が、90分16のシーン(演目)で繰り広げられます。(入場券2,000円)
また併催イベントのご当地グルメを楽しむ「うまさぎっしり新潟・東北の饗宴」では、ぽっぽ焼きやタレかつ丼を開演1時間前から楽しむことができます。

2011年秋、12月3日までの毎週土曜日、北方文化博物館(新潟市江南区)で「お米の学校」(参加費:2,500円)が開催されています。新潟市内で米作りをする農家さんから米作りのこだわりや農業にかける想いを聴いた後、農家さん自慢の新米ご飯と新潟の郷土料理をお昼にいただく同館ならではのイベントです。講師となる農家さんは毎回異なり、高塚俊郎・利恵さん、宮尾浩史さん、大越正章さん、小林金一さんが予定されています。
10月29日(土)のテーマは、米粉の普及を目的に「こめこクラブ」を立ち上げた保苅明子さん、田淵展子さんによる「新しい粉『米粉』発信!!」でした。当日の様子を中心にお話をうかがいました。

2011年11月12日(土)朱鷺メッセ31F Befcoばかうけ展望室(新潟市中央区)で「新潟美人Exhibition」(入場無料)が開催されます。
当日は、新潟のご当地コスメや着物、カラダの中から綺麗になる新潟の食材、飲み物などが集結し、新潟美人をテーマに様々なイベントが開催されます。
前日の11日(金)には、プレイベントとしてヒューゴ・ゴダーロ氏によるトーク&ディナーショー(有料)も予定されています。
これに先立って、この展示会を主催しているリラクゼーションスペースManipuri(朱鷺メッセ22F)では、新潟のご当地コスメを使用したエステメニューを提供しています

2011年10月29日(土)中之口地区公民館(新潟市西蒲区)で「中ノ口川映画祭2011」が開催されます。
この映画祭は、東映映画の創設者 大川博氏(旧中之口村出身)の没後40年を記念し、中ノ口地区総合文化祭に合わせて企画されました。
当日は、「劇場版 怪談レストラン」「わさお」等、東映映画の上映の他、東映映画株式会社の遠藤茂行氏等による「映画トークショー」が、
予定されています。
大川氏の代表作で片岡千恵蔵主演の「赤穂浪士」も上映されます。

今年は10月23(日)に開催くわしくは下記【リンク一覧】をご覧ください。
【映像は2010年のイベントの様子です】

北方文化博物館(江南区沢海)で農家さん自慢のこだわりの新米おにぎりを食べる「おにぎり博」(有料)が、開催されました。
当日は、上野農場や大越農園など新潟市内の6農家が出展し、最大12種類のおにぎりが食べられるこのイベントに多くの人たちが集まりました。

10月下旬から11月下旬の1か月、新潟市秋葉区では中野邸美術館を中心に「秋葉区・新津石油の里 紅葉まつり」が開催されます。
付近には、石油の世界館や観光物産館などもあり、秋の1日を楽しむことができます。(2009年10月撮影)
今年の情報は下記【リンク一覧】をご覧ください。

2010年10月9日(土)に開催された「JR東日本『新津車両製作所』一般公開」の映像です。
この日は、首都圏で走行中の最新型通勤電車「E233系京葉線車両」の試乗やトラバーサーの体験乗車、Nゲージ鉄道模型の走行操作など
子供から大人まで楽しめるイベントが沢山ありました。

新潟の美味しい食材を楽しむ美食会。14回目の今回は、上越市にある岩の原葡萄園120周年を記念して開催されました。
参加した皆さんは新潟食材を使ったイタリアンと岩の原ワインを堪能していました。
主催のラ・クラムさんでは、今後も新潟や首都圏での開催を企画しているそうです。ぜひご参加ください☆

「福島潟自然文化祭」は、福島潟最大のイベントです。8,000本以上のろうそくが灯された「雁迎灯」では、秋の福島潟に巨大な火の鳥が浮かび上がりました。
この日は、オニバス入り潟鍋合戦や潟舟体験、コンサートなど家族で楽しめる各種イベントも開催され、参加者は秋の1日を楽しんでいました。

新潟市西蒲区松野尾の上堰潟公園に、わらで作った巨大オブジェ8作品が展示され、9月4日~5日の2日間『わらアートまつり 2010』が開催されました。
このわらアートは、武蔵野美術大学の学生や住民ボランティアが、約1週間かけて作りあげ高さ5メートルもある、カブトムシや内部に入れるクジラなどが展示され、多くの親子連れでにぎわいました。
このほか、太鼓の演奏や、わら細工作り、凧作りなども行われ、訪れた人たちは豊かな自然を満喫していました。
わらアートは10月末ごろまで展示が予定されています。

昨年に引き続き、朱鷺メッセで 『うまい新潟 再発見!!新潟うまさ ぎっしり博』が「新潟デスティネーションキャンペーン」のシンボル事業として開催されました。

この動画の詳細情報

この動画へのコメント ※コメントするには会員ログインする必要があります。会員になるにはこちらから