nitvトップ>観光>亀田・横越エリア

豪農の館 北方文化博物館 湯殿ツアー

番組紹介

亀田・横越エリア
新潟市江南区沢海(そうみ)にある北方文化博物館(ほっぽうぶんかはくぶつかん)は、江戸時代中期に農から身を起こした豪農伊藤文吉の邸宅を整備した博物館…
続きを読む

リンク・マップ
コメントする  

公開日 2009年12月08日

Video List 動画一覧

サムネイル 詳細

江南区は新潟市内のほぼ中心に位置し、一面に広がる田園風景と工業団地や大型商業施設をあわせ持つベッドタウンとして近年人口が増えている人気の地域です。
江南区で生まれた奇跡のご当地ヒーロー「江南宣隊 ユメレンジャー」が江南区の魅力を一挙に紹介します!!
新潟弁もたくさん登場しますよ♪ 【ユメレンジャーに関しては下記サイトをご覧ください】

新潟市江南区の法幢寺(ほうどうじ)で毎年3月21日に行われる酒呑地蔵(さけのみじぞう)の御開帳の様子と、400年ほど前に建てられたこの寺に奉られている地蔵様が「酒呑地蔵」といわれる由来をご紹介します。
昔話のはじまりはじまり。
(撮影日 2010年3月21日)

毎年4月15日に新潟市江南区の妙泰寺で行われる胞姫神御祭(えなひめさまおまつり)は安産や子供・孫の健やかな成長を願って行われます。
その昔、源 義経が奥州落ちの途中で妻の安産を祈った“ 胞姫神(えなひめさま) ”の伝説についても住職の岩橋光徳さんにお話をうかがいました。

新潟市江南区沢海(そうみ)にある北方(ほっぽう)文化博物館は、江戸時代中期に農から身を起こした豪農伊藤文吉氏の邸宅を整備した博物館です。
この時期、樹齢150年の一本の木から広がる大藤の美しい花が咲き、中庭を埋め尽くします。
2010年5月13日(木)から23日(日)の “大藤のライトアップ観賞” は無料です。(17時30分~19時30分まで)
この機会にご覧になってみてはいかがでしょうか。

大栄寺は北方文化博物館から1~2分歩いたところにあり、寛永8年(1631年)の開山以来、古い禅宗寺として多くの禅匠を輩出しています。
境内には沢海藩主の墓石や松尾芭蕉の句碑などがある他、春には桜が美しく花開く名所としても知られています。
寒の30日間行われる最も厳しい修行の一つとされる“寒行”の最終日に行われる「大般若会」と、豆まきの様子を修行僧の方のお言葉とともにお送りします。
詳しくは下記サイトをご覧ください。

新潟市江南区沢海(そうみ)にある北方文化博物館(ほっぽうぶんかはくぶつかん)は、江戸時代中期に農から身を起こした豪農伊藤文吉の邸宅を整備した博物館です。
当時の建材に贅をこらした数々の建築様式が見事です。
敷地は8,800坪、建坪は1,200坪、部屋数は65を数える純日本式住居です。
館長は八代目伊藤文吉氏。
12月1日より31日まで、好評の湯殿ツアーが始まりました。
普段は閉ざされた未公開エリアを見学してみませんか?時を越え、神秘的な空間へご案内いたします。

冬の風物詩、阿賀野川の鮭漁が全盛期を迎えています。
10月から12月の三ヶ月間解禁され、横越では流し網漁法で一日2回漁に出ます。
捕った鮭で鮭づくしの料理が楽しめます。

この動画の詳細情報

この動画へのコメント ※コメントするには会員ログインする必要があります。会員になるにはこちらから