新潟市中央卸売市場 ダイジェスト編

番組紹介

卸売市場
約6分で観られる『新潟市中央卸売市場』のダイジェスト編で…
続きを読む

リンク・マップ
コメントする  

公開日 2010年04月01日

Video List 動画一覧

サムネイル 詳細

約6分で観られる『新潟市中央卸売市場』のダイジェスト編です。
新潟市中央卸売市場は2007年5月、上所(青果)・万代島(水産物)・近江、津島屋(花き)にあったそれぞれの市場が一つに統合され、江南区茗荷谷に移転・開場しました。
敷地面積は、東京の大田市場の386,426(平方メートル)に次ぐ267,600(平方メートル)と全国第二位の広さです。
もともと新潟は、越後米の寄港地として繁栄してきた商人の町。
その流れを今に残しているのが古町と言えるでしょう。
本編では、生鮮食品・花きの取引や流通の様子、市場で働く人達、施設の紹介等をしています。
詳しくは下記サイトをご覧ください。

制作/新潟市
制作協力/放送技術社

니이가타시 중앙 도매 시장


제작/니가타

2007年5月、上所(青果)・万代島(水産物)・近江、津島屋(花き)にあったそれぞれの市場が一つに統合され、江南区茗荷谷に移転・開場しました。
新潟市中央卸売市場の敷地面積は、東京の大田市場の386,426(平方メートル)に次ぐ267,600(平方メートル)と全国第二位の広さです。
本編では、生鮮食品・花きの取引や流通のしくみ、市場で働く人達、せりの時に使われている“手やり”の方法、施設の紹介の他、新潟の“市〈いち〉(現在の本町市場)の歴史”等も織り交ぜ紹介しています。
これを見ればあなたも市場博士になれるかも?!

制作/新潟市
制作協力/放送技術社

【見学可能】 中央棟には一般見学者向けのPRセンター、一般の方も利用できる飲食店等もあります。
         詳しくは下記サイトをご覧ください。



1月5日に、新春恒例の“初競り”が行われました。
新潟市中央卸売市場青果部には市場関係者ら約300人が集まり、景気回復を願って縁起物の宝船が次々と競り落とされました。
活気にあふれる中央卸売市場の様子,をお送りいたします。

新潟市中央卸売市場
〒950-0114 新潟市江南区茗荷谷711番地
Tel.025-257-6767

この動画の詳細情報

この動画へのコメント ※コメントするには会員ログインする必要があります。会員になるにはこちらから